Examination

電話予約(TEL 048-931-7690)

ご予約の際には、患者様のお名前・電話番号をお伺いします。
ご予約のない方も受診できますが待ち時間が長くなる場合もあります。
とくに症状がない方の検査、定期検診は自費診療となりますが、気になる症状や訴えのある方は健康保険による診療を行う場合もありますので、医師にご相談ください。

診療内容(乳がん検診と婦人科検診は同じ日に受診できます)

乳がん検診

マンモグラフィでは検出されない病変が超音波検査や視触診で見つかることもあります。できれば超音波検査とマンモグラフィの併用による検診をおすすめします。
3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)を希望される方は、通常の2Dマンモグラフィにプラスして撮影を行います。

※ペースメーカー装着中の方・妊娠中・授乳中・乳房豊胸手術後の方(シリコン等)、脳室-腹腔内シャントのある方・前胸部CVポートのある方は検査できません。
※妊娠中または、妊娠の可能性のあるかたはお申し出ください。

Aコース:視触診+2Dマンモグラフィ5,400円(税別)
Bコース:視触診+2Dマンモグラフィ+3Dマンモグラフィ6,400円(税別)
Cコース:視触診+乳腺超音波検査5,600円(税別)
Dコース:視触診+乳腺超音波検検査+2Dマンモグラフィ10,000円(税別)
Eコース:視触診+乳腺超音波検検査+2Dマンモグラフィ+3Dマンモグラフィ11,000円(税別)

婦人科検診

子宮頸がん検診6,000円(税別)

厚生労働省では20歳から子宮頸がん検診が推奨されています。

HPV(ヒトパピローマウイルス)検査4,000円(税別)

子宮頸がん検診(細胞診)とHPV検査を併用することで診断の精度をほぼ100%に向上させることができます。アメリカでは30歳以上では細胞診・HPV併用が推奨されています。

子宮・卵巣超音波検検査5,000円(税別)

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫などのチェックや卵巣がん検診ができます。

子宮頸がん検診+子宮・卵巣超音波検査 10,000円(税別)

子宮頸がん検診(細胞診)と超音波検検査の併用をおすすめします。

子宮体がん検診5,000円(税別)

近年、子宮体がんの増加傾向が報告されています。少量でも不正出血などの症状があった場合は早期の検査をおすすめします。